しじみ的生活


2息子(王子&キャプテン)、オット&わたし。New Jersey育児+スクラップブッキング
by fwja2639
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

スクラップブッキング

a0179672_294990.jpg


a0179672_295253.jpg


毎週水曜日、キャプテンを日本人の保育所に預けている。
王子はナーサリーなので、水曜日の午前中だけ、1人の時間が持てるようになった。

さて、この貴重な時間をどう有効に活用しようか、と思案して、以前から興味のあったスクラップブッキングの講習を受講することにした。
近所のショッピングモールにアメリカ人も大好きなクラフトショップがあって、手作りに関連した材料、道具がなんでも揃う。
いつも人でごった返している。
つくづくアメリカ人はクラフトが好きだ。
そのお店では、いろいろな講習会が開かれている。

今回、私が受けている講習も4回コース。
内容は基本中の基本で、

1回目は道具の説明&スクラップブッキングの構成。
2回目は色の勉強。
3回目はジャーナル(文章)の効果的な使い方。
4回目はまとめ。

な感じで、2時間のクラスの前半はレクチャー、後半に各自作品を作る。
全4回のうちに1作品を作るのが目標。
ちょこちょこ日本にいた頃から作ってはいたけど、ちゃんと習ってみると本当に奥が深い。
色見本を使っての色の組み合わせの勉強は楽しかったし、テーマを明確にすると、途端に写真が生きてくる。

次回までの宿題が、ジャーナルを考えてくること。
これが私にとっては、最大の難問。
もちろん英語なのだけど、アメリカ人は韻を踏むのが大好き。
「韻を踏んだ、小粋な文章」を作って来い、と言うのだ;;
むむむ。。。

話は変わって、同じ講習を受けているのは私を入れて3人。

1人は子供が独立して、趣味に生きるオバサン。
すっごくお喋りで、何にでも大げさに反応する。
なんか、アメリカのどこにでもいる世話好きなオバちゃんって感じ。

もう1人は10月に結婚を控えた、若い女性。
とにかくフィアンセ自慢。
持ってくる写真はフィアンセと写ったラブラブは写真ばかり。

そして、日本人(私)。

スクラップブッキングを学ぶのは勿論。
毎回、アメリカの人間模様を垣間見られるのも興味深い。
[PR]
by fwja2639 | 2011-04-24 02:08 | スクラップブッキング
<< やっと 桜と星条旗 >>


カテゴリ
最新の記事
"picture perfe..
at 2014-05-24 07:30
birthday card ..
at 2014-05-24 07:23
"Happy birthda..
at 2014-05-10 14:27
母の日カード
at 2014-05-08 13:43
キャプテンのバースデーウィーク!
at 2014-04-28 14:15
以前の記事
フォロー中のブログ
お友達LINK
『苺ichie』
http://ichigo-tabetai.dreamlog.jp/
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧